自己破産、法人破産の申立て
借金を一度に整理して、経済的更生を図りたい方、子どもに借金問題を引き継ぎたくない方におすすめです。


着手金

自己破産、法人破産の申し立ての場合は別途報酬金はいただきません。


個人について(不動産がない場合)

200,000円(消費税別途)


個人について(不動産がある場合)

250,000円(消費税別途)


会社について

負債総額1億円未満  500,000円(消費税別途)

負債総額1億円以上 1,000,000円(消費税別途)

会社の代表者個人について  300,000円(消費税別途)


実費(裁判所に納める破産予納金など)

個人について およそ20,000円
※ただし、個人であっても破産管財人がつくことがございます。
その場合裁判所が指定する金額を裁判所に納めることになります。
このお金を管財事件予納金といい、主に破産管財人の報酬に充てられます。およそ210,000円程度です。

会社について およそ30,000円
※ただし、会社には破産管財人がつくことが多く、その場合も管財事件予納金を裁判所に納めることになります。
少額管財事件になればおよそ300,000円程度、
それ以外ではおよそ600,000円程度になることが多いです。